食事の量を減らして行うダイエットは正しいの?

食事の量を減らして行うダイエットは正しいの?

気になるポッコリお腹、二重アゴなど、
自分の姿を見るたびに決意するのがダイエット。

飽食の現代だからこその悩みとも言えますが、
このダイエット法も巷には溢れんばかりに氾濫しています。

多いのが、食事の量を減らすというものですが、
これって、実際に正しいやり方と言えるのでしょうか??

答えは、正解でもあり、不正解でもあります。

例えば、一食をある食品に置き換えるダイエットというのがありますけど、上手く調整すれば一日に必要な栄養分を摂取することは可能ですし、良いダイエット法だと思えるかもしれません。

ただ、食事とは色んなものを食べる楽しみでもありますし、欲求を満たす手段でもあります。例え1食のことだとしても、それを不自然な食事に置き換えることは、ストレスを溜めてしまう大きな原因になってしまうんですね。

また、何かひとつの食品だけを食べるというダイエットもありますが、栄養が偏る心配もあるので注意が必要です。

とにかく、ストレスを溜めてしまったり、必要な栄養素をきちんと摂取出来なければ、健康的なダイエットとは言えません。
キレイに痩せてこそ成功だと言えます。

これに対し、炭水化物を減らすダイエット法は、長い目で見るとキレイに痩せることも可能だと言われています。
いつもはご飯大盛りのところを普通盛りにする程度で良いのです。通常の8~9割程度の量に抑えることで、毎日のカロリー摂取量が長期で考えるとかなり違ってきますからね。

チャーハンとラーメン、カツ丼とうどん、オムライスとパスタなど、炭水化物ばかり食べているとすぐにカロリーオーバーしますからね(笑)

いきなり全ての食生活を変えることはストレスの元になるので、とにかく炭水化物の量を今までの8割程度に抑える。
ここから始めてみてはいかがでしょうか。

コメントを残す