ウォーキングマシーンでローインパクトエクササイズ。

ぽっこりお腹の解消法の一つとして有酸素運動は必須になってきますが、ウォーキングマシーンやエアロバイクといった器具を使って自宅で行えるものから、ジョギングやジムでエアロビクスを行ったりと色々な方法があります。

有酸素運動の代名詞でもあるエアロビクスですが、このエアロビクスも強度によってレッスン内容が全く変わってきます。初心者でも参加出来るプログラムと、競技エアロビクスを比べれば異次元なのは当然ですからね。

エアロビクスの場合で言いますと、強度レベルに大きく関係してくるのが、ローインパクトとハイインパクトです。ローインパクトは、片足のどちらかが必ず地面についている運動で、ハイインパクトだと飛び跳ねる運動が加わります。初心者向けのエアロビクスはローインパクト中心で、強度が上がるほどハイインパクトが少しずつ入ってくるんですね。

体力に自信のない人や、高年齢の人は、ローインパクト運動で体に無理なく続けることがおすすめです。ヒザや足腰への負担も少ないですし、継続して続けやすいですからね。

ウォーキングマシーンは、そんなローインパクト運動を自宅で行うのに非常に便利です。屋外でウォーキングを行う人も多いですが、天候に左右されやすいのでなかなか毎日行うことは難しいです。ローインパクト運動は運動量が少ないので、とにかく継続することがカギになってきます。自宅にウォーキングマシーンがあれば、好きな時に運動出来るので理想的と言えるのです。

おうちウォーク坂のぼり

>> ウォーキングマシーン『おうちウォーク坂のぼりFD-085』

こちらは、スライヴの「おうちウォーク坂のぼり」という人気のウォーキングマシーン。標準的な機能を備えたウォーキングマシーンですが、傾斜がついているので、普通の歩行に比べてちょっとばかり負荷がかかるようになっています。

この負荷があることで、通常の歩行と比べると2~3倍の運動量が得られるので、それだけ時間も短縮出来ます。ローインパクトには変わりありませんので、体力の少ない人は高齢者でも無理なく行えます。

ハードなトレーニングを行えば、ぽっこりお腹も意外と早く引っ込むかもしれませんが、短期間で痩せた体をキープするのは非常に大変ですし、体にも負担をかけてしまいます。将来的にスマートな体型を保つには、いかに無理なくじっくりと有酸素運動を行っていくかが大事なので、ウォーキングマシーンを利用したローインパクト運動はとても有効的ではないかと思います。

もちろん、屋外でウォーキングを楽しむのもいいですし、ジムに通ってローインパクト中心のエアロビクスにチャレンジしてみるのもいいでしょう。自分に合った運動方法を是非見つけてください。