ポッコリお腹の解消と、食生活について。

■ポッコリお腹の解消と、食生活について。

太りやすい体質ってよく言いますよね。

「あの人はいくら食べても太らないけど、
私は少し食べただけですぐ太っちゃう…」

太りやすい体質って嫌だな。

なんて、多くの人が思っているでしょう。

食べる事と太ることは、代謝と深い関わりがあります。

体を作ったり、動かしたりする為には食べる事は不可欠です。
食べる事で、これらの燃料を補給している訳ですからね。

簡単に言えば、
食べた分だけ体を動かせば太ることはありません。
ある程度の誤差はあっても、極度に太る事はないはずです。

それでも、
運動をしているのに、太る人っていますよね?
普通ならそんなことは起きるはずないのですが・・・

ここで注目したいのが食生活。

普通の食生活をしていないから、太る訳ですね。
高カロリーの食事を見直す必要が出てきます。

そう細かく気にする必要はありませんが、
牛肉よりも鶏肉、そして、肉よりも魚・・・・
と、いった具合に、食材の選び方から始めると良いと思います。
調理法でもかなり変わってきますしね。

そういった毎日の食生活を少しずつ改善していく事で、
太りやすい体質からの脱却、ポッコリお腹の解消へと繋がっていきます。

よく噛んで食べるということも、
満腹感を得られやすいのでオススメです。
少ない量でも満足出来ると言われてます。

ホント、こういった毎日のちょっとした積み重ねからなのです。

また、よく食べるのに太らない人の食生活を覗いてみると、
太ってる人とは違った食生活を送っている場合が多いです。

ポッコリお腹よりも、ふくらはぎの太さに悩んでます…

■ポッコリお腹よりも、ふくらはぎの太さに悩んでます…

女性で多い悩みに、足の太さがあります。
お腹よりも露出度が高い分、余計に気になるのかもしれません。

オシャレなヒールを履いても、
肝心の足が太いとなかなか決まらないものです。
流行のブーツも、履くだけで苦痛になりかねません。
恥ずかしくて、ブーツの試着も出来ませんよね。

こういった感じで、
ふくらはぎの太さに悩む女性は沢山います。

むくみを解消して理想の足作り?

毎日むくみ対策のエクササイズを取り入れても、
なかなか効果は出てきません。

デトックスも同じでした・・・

レギンスやカラータイツも着こなしてみたい。
カッコいいブーツでバシッと決めてみた。

どうすれば、それが可能になるのでしょうか。

ポッコリお腹を解消するダイエットも、
こうしたふくらはぎをスッキリさせるダイエットも、
要は、正しいダイエット法を行えばいいだけです。

何度も書いている事ですが、
間違ったダイエット法だから、これまで失敗してきたのです。

なるべくお金をかけず、
自分の努力でコツコツ続けてこそ成功が見えてきます。

コンプレックスの解消は、
正しいダイエット法を知ることから。

腰周りのぜい肉と、年齢による痩せにくさ。

腰の後ろ部分のぜい肉も気になる…

結構前に聞いた話ですけど、
脇腹のお肉を手で摘まんで辞書くらいの厚さがあったら
もう完全にメタボの仲間入りとか言っていたものです。

ポッコリお腹の人も同じ事が言える訳なんですが、
年齢的な問題も結構大きく関わってくるんですよね。
正直、ほとんどの人が意外とお肉を摘めるものです^^;

もちろん、ポッコリお腹の解消の為にダイエットを行えば、
そういった脇腹などのお肉も減少はするでしょうけどね。

ただ、年を取ってから脇腹の贅肉を減らそうとするのは
相当の努力が必要になってきます。
多くの人がダイエットにチャレンジし失敗してきたはずです。

長い年月をかけてついた贅肉が、
そう簡単に取れないことは誰もが想像出来る事でしょう。

しかし、だからと言って、
年齢のせいだけにするのはダメですよね。

「年を取ったから、もうダイエットしても無理!」

なんて、言ってたら、贅肉も貯まっていく一方です。

ぽっこりお腹だけでなく、
こういった腰周りの贅肉も気になる人は多いです。

そして、沢山の人がダイエットにチャレンジし、
ほとんどの人が失敗(リバウンド含む)していきます。

確かに、年齢を重ねることで地味で太った体は、
若くして太った人に比べると痩せにくいかもしれません。

しかし、こういうケースも含め言える事は、
多くの人が間違ったダイエット法を実践しているという事なのです。

何が間違ったダイエット法で、
何が正しいダイエット法なのかということは、
また次回お話ししたいと思います。

食事の量を減らして行うダイエットは正しいの?

食事の量を減らして行うダイエットは正しいの?

気になるポッコリお腹、二重アゴなど、
自分の姿を見るたびに決意するのがダイエット。

飽食の現代だからこその悩みとも言えますが、
このダイエット法も巷には溢れんばかりに氾濫しています。

多いのが、食事の量を減らすというものですが、
これって、実際に正しいやり方と言えるのでしょうか??

答えは、正解でもあり、不正解でもあります。

例えば、一食をある食品に置き換えるダイエットというのがありますけど、上手く調整すれば一日に必要な栄養分を摂取することは可能ですし、良いダイエット法だと思えるかもしれません。

ただ、食事とは色んなものを食べる楽しみでもありますし、欲求を満たす手段でもあります。例え1食のことだとしても、それを不自然な食事に置き換えることは、ストレスを溜めてしまう大きな原因になってしまうんですね。

また、何かひとつの食品だけを食べるというダイエットもありますが、栄養が偏る心配もあるので注意が必要です。

とにかく、ストレスを溜めてしまったり、必要な栄養素をきちんと摂取出来なければ、健康的なダイエットとは言えません。
キレイに痩せてこそ成功だと言えます。

これに対し、炭水化物を減らすダイエット法は、長い目で見るとキレイに痩せることも可能だと言われています。
いつもはご飯大盛りのところを普通盛りにする程度で良いのです。通常の8~9割程度の量に抑えることで、毎日のカロリー摂取量が長期で考えるとかなり違ってきますからね。

チャーハンとラーメン、カツ丼とうどん、オムライスとパスタなど、炭水化物ばかり食べているとすぐにカロリーオーバーしますからね(笑)

いきなり全ての食生活を変えることはストレスの元になるので、とにかく炭水化物の量を今までの8割程度に抑える。
ここから始めてみてはいかがでしょうか。

ポッコリお腹が気になってきたのですが…

■ポッコリお腹が気になってきたのですが…

 

男性は年を取っていくと多かれ少なかれお腹は出るものです。

見た目は標準的な体型をしていても、 お腹だけポッコリ出てる人も多いですよね。

もちろん、スッキリしたお腹の人も沢山いますけどね^^;

 

ぽっこりお腹イメージ画像

 

ただ、これは男性だけの問題ではありません。

女性だって同じ事が言えます。

 

妊娠・出産を経験し、気づけばおばさん体型になってた…

子育てに追われてるうちに、いつしかポッコリお腹が当たり前に。

 

お風呂上りの自分の体を鏡でみるたびに、

自己嫌悪に陥ったりと、いたたまれなくなるものです。

 

あれだけ似合ってたスリムジーンズも今はもうはけない…

 

また、食生活に気をつけて、体重は減ってきている場合でも、 下腹のふくらみだけはなかなか解消されないものです。

 

しかし、女性は男性とはやっぱり違います。

 

ダイエットに興味の無い人はそうはいないでしょう。

最近は、テレビでもママタレと呼ばれるタレントブームですし、

そういった方の体験によるダイエット本も沢山出ています。

 

それだけの需要があるからテレビにも登場する訳で、

ポッコリお腹を本気で解消したいと願う人は多いのです。

 

そして、願うだけでなく、何かしらの行動もしているのです。

それなのに、相変わらず下腹はポッコリしたまま。

 

どうして?

 

これ以上ジーンズのサイズを上げるのは避けたいのに…

なんか良い方法はないのでしょうか?

まさに切実な悩みというやつです。

 

ポッコリお腹を解消させるには、

それなりの決意と覚悟が必要になってきます。

 

ただ、無理をしなきゃいけない訳ではありません。

 

考え方を変え、決めた事をやり抜く決意です。

ダイエットは意識改革を始める事から。

こちらを試してみる事をオススメいたします。

 

ポッコリお腹を解消する心構え

ポッコリお腹を解消する心構え

今までぽっこりお腹を解消する為に、 色々なダイエットを頑張ってきた方も多いと思います。

仮に体重を落とす事に成功したとして、 果たして、キレイに痩せる事は出来ましたでしょうか?

体重を落とす事だけがダイエットではありません。

食事を制限する無理なダイエットで、健康を壊していませんか?

変な疲れは残ってませんか?

肌や髪や爪などは今でもツヤがありますか?

まして、大切な食事をすることに抵抗を持つようなことにはなっていませんか?

もしも、これらに思い当たる節がある場合、 例え体重を落とす事に成功したのだとしても、 それはダイエットに成功したとは言えません。

特に、ポッコリお腹を解消するダイエットは、 地味でも長く続けることが一番大切です。

 

無茶な摂生で、健康に悪影響を与えるようでは、 とても、理想の体を手に入れる事は程遠いのです。

ポッコリお腹を解消するには、心構えが重要。

行き当たりバッタリのダイエット法を行うのではなく、 きちんとしたルールに基づいてダイエットを行いましょう。

体調がおかしくなってから気づくようでは遅いのです。

ただ、どんなダイエット法を選ぶかは非常に難しいもの。

誰かが成功したからと言って、 体質の問題が大きく関わりますから、 自分も成功するとは限りませんからね。

まずは、健康的に出来そうなものを選ぶ事が先決です。

具体的に候補に入れておきたいダイエット法については、 また次回紹介していきたいと思います。

 

気になるお腹ポッコリを解消する為に。

気になるお腹ポッコリを解消する為に。

男性に多いポッコリお腹。
これを引っ込めたいとは誰もが思うはずです。

健康の為にもなりますから、
お腹ポッコリを解消する為のダイエットを行っている人も多いでしょう。

ただ、もしかしたら、
間違ったダイエットをしているかもしれませんよ。

絶食や、一食を他のものに置き換えるダイエットなど、
高い効果が期待出来るダイエット法は数多く存在します。

しかし、人間の本能とも言える食べるという行為を
無理やり抑えて行うダイエットはリバウンドの危険性が高くなります。

「このダイエットを成功させたら、また美味しい物を食べよう!」

これじゃ、結局元に戻るだけなんですよね。

こうしたダイエットの失敗によるリバウンドの積み重ねが、
あなたのポッコリお腹を更に大きくしかねません。
解消するはずだったのに、逆にひどくなってたら意味ないですよね。

間違ったダイエット法を回避して、
ストレスのない楽しいダイエット法を行う。
お腹ポッコリの解消は、まずはここからなのです。

これまでの間違ったダイエット法を全て忘れて、
一度あなたの頭の中をリセットしましょう。

そして、あなたにあったダイエット法を考えてみましょう。

あなたが無理なく続けることが出来るダイエット法こそが
実は最も効果的なダイエットということになります。
嘘くさいと信じられないダイエット法の中に、
もしかしたら、ピッタリのダイエット法があるのかもしれませんからね。