男性に多い内臓脂肪

ぽっこりお腹も男性と女性では少し違ってきます。

女性のぽっこりお腹だと、お腹のお肉を指で摘めたりするものですが、男性の場合は、お肉を摘もうとしても、そんなに摘めないことが多いと思います。腸にガスが溜まってるということも考えられますが、男性は内臓脂肪が溜まりやすいので、皮下脂肪は少なかったりするのです。

内臓脂肪

この内臓脂肪は、もちろん、ぽっこりお腹の大きな原因になります。
しかも、様々な生活習慣病の要因にもなるのでタチが悪いのです。

ただ、一つだけ良いのが、皮下脂肪に比べると、内臓脂肪を減らす事は容易だということです。要するに、頑張れば、痩せられる可能性が高いということですね。とは言え、皮下脂肪より落しやすいというだけなので、手を上げて喜ぶのは早過ぎます。

内臓脂肪対策には有酸素運動
よくお腹を引っ込ませようと、腹筋運動を頑張る人がいますが、それは間違いです。内臓脂肪の落すには、有酸素運動が必要になってきます。有酸素運動とは、酸素を補給しながら運動を行う事で、ジョギングやウォーキング、スポーツジムで行うエアロビクスなどがそれにあたります。とにかく、呼吸をしながら運動をすればいい訳ですね。そして、何より大切なのが継続して行うことです。定期的にジョギングやウォーキングを行ったりするのが理想的ですが、自分の環境に合った有酸素運動法を見つけることで継続しやすくなります。このブログでも、色々な有酸素運動法を紹介しているので、また参考にしてみてください。

関連記事
自宅で出来る有酸素運動マシーン「サイクルツイスタースリム」
ウォーキングマシーン「おうちウォーク」を使った有酸素運動